舞いあがれ!

「舞いあがれ!」めぐみの幼なじみ・浦信吾は「鈴木浩介」が演じる、島の役場に勤める

「舞いあがれ!」めぐみの幼なじみ・浦信吾は「鈴木浩介」が演じる、島の役場に勤める

2022年10月3日放送スタートの第107作となるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」

ヒロイン・岩倉舞(いわくらまい)は、福原遥(ふくはらはるか)さんが演じます。あらすじは、以下の通りです。

ものづくりの町・東大阪で生まれたヒロイン岩倉舞。長崎・五島列島に住む祖母や様々な人との絆きずなを育みながら、パイロットとして空を飛ぶ夢に向かっていくストーリー。

 

ヒロイン岩倉舞の母・めぐみ(永作博美)の幼なじみで、五島列島の役場に勤める・浦信吾は「鈴木浩介(すずきこうすけ)」さんが演じます。

 

浦信吾(うらしんご)の役どころ、五島列島の役場で働く

めぐみ(永作博美)の幼なじみで、五島列島の役場に勤める・浦信吾(うらしんご)の役どころは、以下の通りです。

舞の母・めぐみの幼なじみで、現在は役場に勤めている。祥子とは家族ぐるみのつきあい。息子の一太は、舞と同い年。その下に妹の凛がおり、さらに妻の莉子が3人目を妊娠中。子どもたちを温かく見守る、よき父親。

出典:NHKドラマガイド「舞いあがれ!Part1」 P31

 

舞の祖父・才津祥子(高畑淳子)と家族ぐるみで付き合っており、自分の子どもの一太たちが舞と仲良くしているのを温かく見守ります。

浦信吾の家族構成は以下の通りです。

 

高畑淳子さんは、鈴木浩介さんが20代の頃に所属していた「劇団青年座」の先輩です。何度も共演する機会があったため、才津祥子とのやり取りも自然体で演技ができたそうです。

 

鈴木浩介(すずきこうすけ)プロフィール、朝ドラ初出演

 

めぐみ(永作博美)の幼なじみで五島列島の役場に勤める・浦信吾を演じるのは、「鈴木浩介(すずきこうすけ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1974年11月29日
出身地 福岡県

1997年に劇団青年座」に入団。退団後は、テレビ・映画などを中心に幅広く活動。テレビドラマ「LIAR GAME」「ドクターX~大門未知子~」「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」などに出演。

「舞いあがれ!」が、朝ドラ初出演になります。

 

まとめ

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」舞の母・めぐみの幼なじみで、五島列島の役場に勤める・浦信吾は「鈴木浩介」さんが演じます。

浦信吾の家族構成は以下になります。

 

他にも「舞いあがれ!」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

舞いあがれ!キャスト/登場人物/子役、スタッフ一覧【2022年12月最新】
舞いあがれ!キャスト/登場人物/子役、スタッフ一覧【2022年12月最新】NHK朝ドラ「舞いあがれ!」に出演する役者、キャスト、登場人物、子役、スタッフを一覧にしてまとめました。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「舞いあがれ!」から過去作「ちむどんどん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。