その他のNHK番組

「本日も晴天なり」元ネタ/原作は?原日出子演じる実在モデル「近藤富枝」

「本日も晴天なり」元ネタ/原作は?原日出子演じる実在モデル「近藤富枝」

NHK連続テレビ小説「本日も晴天なり」は、1981年10月5日にスタートして1982年4月3日まで全153回放送された朝ドラです。

※2022年9月19日(月)よりBSプレミアム(BS4K)で毎週(月)~(土)午前7時15分から再放送

朝ドラ28作目となる「本日も晴天なり」のヒロイン・桂木元子役は原日出子さんが演じています。「本日も晴天なり」のあらすじは以下の通りです。

東京・人形町に生まれた桂木元子が、戦争中の人材不足でNHK放送局が募集した女子アナウンサーとして合格。入局を果たすが、1年で終戦となり失業。戦後はルポライター、そして作家への道を歩んでいく。NHKアナウンサーの戦中から戦後までを描く、昭和女性の奮闘記。

 

「本日も晴天なり」の実在モデルは近藤富枝さんです。そして、「本日も晴天なり」の原作は脚本家・小山内美江子さんです。

「本日も晴天なり」は近藤富枝さんの半生を参考に、脚本家・小山内美江子さんが原作者として、「本日も晴天なり」の脚本を書かれていると思われます。

朝ドラ第28作「本日も晴天なり」の実在モデル・近藤富枝さん、そして原作について紹介していきます。

 

ヒロイン桂木元子の実在モデル「近藤富枝」

「本日も晴天なり」は、元・NHKアナウンサーで戦後は作家として活躍した「近藤富枝(こんどうとみえ)」さんの半生がモデルとなっています。

 

近藤富枝さんのプロフィール

近藤富枝さんのプロフィールは、以下の通りです。

1922年8月19日東京日本橋に生まれる。東京女子大学を卒業後、戦中にNHK入局、女子アナウンサーとなる。終戦を機に退職し、約18年の主婦生活の後、婦人雑誌のルポライターして活動。作家としては最初の著作である「永井荷風文がたみ」を執筆。他にも「本郷菊富士ホテル」のノンフィクションや小説など上梓。

 

近藤富枝さんの略歴

  • 1922年8月19日 東京府東京市日本橋の袋物問屋に生まれる
  • 1942年 新劇団「芸術小劇場」の研究生になる
  • 1943年 東京女子大学卒業
  • 1944年 日本放送協会のアナウンサーとして1年余勤務
  • 1946年 元軍人の近藤新治と結婚
  • 1963年「週刊朝日」のルポに『私の八月十五日』が特選、文筆業に入る
  • 1981年 NHK連続テレビ小説『本日も晴天なり』のモデルとなる
  • 1986年 武蔵野女子大学で教鞭

近藤富枝さんは、2016年7月24日に享年93歳で永眠しています。

 

近藤富枝さんの著書

  • 文豪のきもの 河出書房新社 2019.12
  • 伝えておきたい古きよききもののたしなみ 河出書房新社 2018.1
  • 日本美術に見るきもの 河出書房新社 2017.6
  • 92歳まだまだやりたいことばかり 河出書房新社 2015.1
  • 馬込文学地図 中央公論新社 2014.6
  • 大本営発表のマイク 河出書房新社 2013.8
  • きもの名人 河出書房新社 2012.3
  • 紫式部の恋 河出書房新社 2011.3
  • きもので読む源氏物語 河出書房新社 2010.5

出典:Webcat Plus

 

「本日も晴天なり」原作は脚本家・小山内美江子

朝ドラ「本日も晴天なり」の脚本を手掛けるのは、「小山内美江子(おさないみえこ)」さんです。

「本日も晴天なり」の作・原作、脚本は「小山内美江子」さんがクレジットされています。

そのため、近藤富枝さんの半生を取材し、小山内美江子さんが原作者として「本日も晴天なり」の脚本を書き上げたと思われます。

 

小山内美江子さんの代表作は「3年B組金八先生」です。NHKではNHK大河ドラマ「徳川家康」「翔ぶが如く」なども手掛けています。

朝ドラは「マー姉ちゃん」に続いて、「本日も晴天なり」が2作目です。

小山内美江子が脚本を担当した「マー姉ちゃん」は、2021年9月27日(月)からBSプレミアム(BS4K)で再放送されていました。

「マー姉ちゃん」元ネタ・原作、実在モデルは誰?サザエさん長谷川町子の姉
「マー姉ちゃん」元ネタ・原作、実在モデルは誰?サザエさん長谷川町子の姉NHK朝ドラ「マー姉ちゃん」には元ネタ・原作の物語、実在モデルが存在します。熊谷真実さんが演じる「マー姉ちゃん」ことヒロイン・磯野マリ子の実在モデルは「長谷川毬子(はせがわまりこ)」さんです。サザエさんを生んだ長谷川町子さんの実のお姉さんです。元ネタ・原作の物語は長谷川町子さんの自伝エッセイ漫画「サザエさんうちあけ話」です。...

 

まとめ

朝ドラ「本日も晴天なり」で、原日出子さん演じるヒロイン・桂木元子の実在モデルは元・NHKアナウンサーで作家の「近藤富枝」さんです。

原作としてクレジットされているのは脚本家・「小山内美江子」さんです。

近藤富枝さんの半生を取材し、小山内美江子さんが原作者として、「本日も晴天なり」の脚本を書き上げたと思われます。

 

また、「本日も晴天なり」というタイトルの意味・由来については以下でまとめています。

NHK朝ドラ「本日も晴天なり」タイトルの意味/由来は?
NHK朝ドラ「本日も晴天なり」タイトルの意味/由来は?NHK朝ドラ第28作「本日も晴天なり」のタイトルの由来はアナウンサーがマイクテストで「本日は晴天なり」と言うべきところを、「本日も晴天なり」と発したことです。「本日は晴天なり」という言葉は、マイクテストで使われる無線用語の一つです。...

 

最後に「本日も晴天なり」はNHKオンデマンドの配信なし

「本日も晴天なり」は動画配信サービス「NHKオンデマンド」では視聴できません。(※2022/09/05時点の情報)

「NHKオンデマンド」は月額990円(税込)で、PC・スマホなどからネットでNHKの番組を視聴できる動画配信サービスです。

 

また、「本日も晴天なり」は古い作品なのでをビデオ・DVDのメディアでの販売などもありません。「本日も晴天なり」が見られるのは、NHKの再放送だけです。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。