舞いあがれ!

「舞いあがれ!」ナレーション/語りは・さだまさし、長崎出身で五島列島の歌を作曲

「舞いあがれ!」ナレーション/語りは・さだまさし、長崎出身で五島列島の歌を作曲

2022年10月3日放送スタートの第107作となるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」

ヒロイン・岩倉舞(いわくらまい)は、福原遥(ふくはらはるか)さんが演じます。あらすじは、以下の通りです。

ものづくりの町・東大阪で生まれたヒロイン岩倉舞。長崎・五島列島に住む祖母や様々な人との絆きずなを育みながら、パイロットとして空を飛ぶ夢に向かっていくストーリー。

 

朝ドラ第107作となる「舞いあがれ!」のナレーション/語りを担当するのは、長崎出身の歌手「さだまさし」さんです。

 

「さだまさし」さんへのオファーは長崎出身だから?

長崎出身のシンガー・ソングライター「さだまさし」さん。

「舞いあがれ!」の語りを担当するにあたり、以下のコメントを出しています。

最近の朝ドラ第105作「カムカムエヴリバディ」では、NHKラジオ英語講座「英語会話」の実在モデル・平川唯一を「さだまさし」さんが演じ、話題となりました。

「カムカムエヴリバディ」元ネタ/原作/実話はある?ヒロインの実在モデルは誰?
「カムカムエヴリバディ」元ネタ/原作/実話はある?ヒロインの実在モデルは誰?NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は脚本家・藤本有紀(ふじもとゆき)さんによるオリジナルストーリーです。そのため実話や原作はなく、実在モデルもいません。ただし、ヒロイン3人のストーリーをつなぐ「ラジオ英語講座」にはモデルがあり、NHKラジオ英語講座「英語会話」の人気講師だった「平川唯一(ひらかわただいち)」さんや「東後勝明(とうごかつあき)」さんです。...

 

「さだまさし」さんの起用に関しては、「舞いあがれ!」のNHK制作統括・熊野律時さんは以下のコメントを出しています。

ヒロイン・舞の物語を、優しい声とユーモラスな語り口で包み込んでくれるのは、誰だろうと考えたときに浮かんできたのが、さだまさしさんでした。長崎出身で五島の歌も作曲されていて、ばらもん凧もご存じとのことで、これ以上ピッタリの方はいないと思い、語りをお願いすることにしました。さだまさしさんの声が、「舞いあがれ!」に吹く柔らかな風になってくれると思います。

出典:NHK公式HP

 

「舞いあがれ!」は、長崎・五島列島も舞台になります。「さだまさし」さんは、長崎市出身で、五島列島の作曲もしているためオファーがあったようです。

「カムカムエヴリバディ」のラジオ講座でも聞けた、「さだまさし」さんのやさしい語りが「舞いあがれ!」でも聞けることになります。

 

朝ドラナレーター「さだまさし」プロフィール

 

長崎県長崎市出身の「さだまさし」さんは、誰もが知るシンガー・ソングライターです。他に小説家、テレビのMC、映画監督としても活躍しています。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日1952年4月10日
血液型A型
出身地長崎県長崎市

1972年、吉田政美とフォークデュオのグレープでメジャーデビュー。1974年「精霊流し」をリリースし、第16回日本レコード大賞作詞賞を受賞。その後、ソロ活動を開始。1979年、シングル「関白宣言」が第21回日本レコード大賞金賞するなど、数々の名曲を発表。

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」では、ラジオ英語講座講師・平川唯一役として声だけでなく、俳優としても出演していました。

「さだまさし」さんが、「舞いあがれ!」でNHK朝ドラの語り・ナレーションを担当するのは、初となります。

 

まとめ

NHK朝ドラ第107作「舞いあがれ!」ナレーション/語りを担当するのはシンガー・ソングライターの「さだまさし」さんです。

長崎市出身で、五島列島の歌も作曲している「さだまさし」さんだからこそ、ナレーション/語りのオファーがあったのかもしれません。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。