鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」蹴鞠の先生/平知康は「矢柴俊博」が演じる、後白河法皇の側近

「鎌倉殿の13人」蹴鞠の先生/平知康は「矢柴俊博」が演じる、後白河法皇の側近

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

後白河法皇(西田敏行)の側近で、解官されてからは鎌倉に下り、源頼家(金子大地)の蹴鞠の先生となるのが「平知康(たいらのともやす)」です。

平知康を演じるのは「矢柴俊博(やしばとしひろ)」さんです。

 

蹴鞠(しゅうきく)の先生・平知康役どころ、鼓の名手で鼓判官

平知康(たいらのともやす)は、鼓の名手で鼓判官(つづみのほうがん)と呼ばれました。

後白河法皇(西田敏行)の側近として仕え、木曽義仲(青木崇高)が京都から平家を追い出し入京すると、法皇の使いとして義仲と対抗。義仲が後白河法皇を幽閉すると、平知康は解官されます。

平知康はその後、鎌倉に下り、源頼家(金子大地)の蹴鞠の先生として使えることになります。

「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真
「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝と北条政子の間に産まれる嫡男・源頼家を演じるのは「金子大地(かねこだいち)」さんです。幼少期の万寿を演じる子役は「鳥越壮真(とりごえそうま)」さんです。悲劇の鎌倉幕府2代将軍・源頼家の役どころ、金子大地さん、鳥越壮真さんのプロフィールを紹介します。...

 

矢柴俊博(やしばとしひろ)プロフィール


平知康を演じるのは、「矢柴俊博(やしばとしひろ)」さんです。

京都から鎌倉に下り、蹴鞠の先生として、2代目鎌倉殿(金子大地)に使えると「#鎌倉美男子蹴鞠部」とハッシュタグを付けてSNSに投稿しています。

矢柴俊博さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日1971年10月2日
出身埼玉県

主宰・俳優・演出として小劇場で活躍。主なドラマ出演作は「のだめカンタービレ」「手裏剣戦隊ニンニンジャー 」、朝ドラ「まんぷく」など。

大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後白河法皇(西田敏行)の側近で、解官されてからは鎌倉に下り、源頼家の蹴鞠の先生となるのが「平知康」です。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。