鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」頼朝の腹心・大江広元は「栗原英雄」が演じる、公文所別当

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝の招きにより、朝廷から鎌倉に下り側近となった大江広元を演じるのは、「栗原英雄(くりはらひでお)」さんです。

 

公文所長官・大江広元(おおえひろもと)の役どころ


栗原英雄さんが演じる「大江広元(おおえひろもと)」は、源頼朝(大泉洋)の知恵袋として仕える側近です。

1184年に、源頼朝の招きにより朝廷より鎌倉に下り、頼朝の側近として仕える。頼朝からの信任も厚く、のちの政所となる公文所・初代別当(長官)に任命される。鎌倉幕府創設に尽力し、頼朝の死後も「13人の合議制」の御家人の一人として政務を行った。

 

頼朝からの誘いで鎌倉に下向し、広い知識と高い政治的判断力で、頼朝の側近となります。

第18回(2022/05/08)、義経(菅田将暉)が書いた腰越状(嘆願書)は、大江広元宛に送られています。それだけ、頼朝からの信頼が厚かったとされています。

また、大江広元は、中国地方の戦国武将・毛利元就の祖先とも言われています。

 

栗原英雄(くりはらひでお)プロフィール

 

大江広元を演じるのは「栗原英雄(くりはらひでお)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1965年7月4日
出身栃木県

1984年に劇団四季に入団、主な出演作は「コーラスライン」「ライオンキング」「マンマ・ミーア!」「ウィキッド」など。2009年退団後は、ミュージカル俳優とて活躍。2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の真田信尹役で、テレビドラマ初出演。

 

栗原英雄さんは、劇団四季でも活躍していたミュージカル俳優です。

三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ「真田丸」がテレビドラマ初出演、同じく三谷さん脚本の「鎌倉殿の13人」が大河ドラマ2回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」頼朝の腹心・大江広元を演じるのは、「栗原英雄」さんです。

大江広元は、戦国武将・毛利元就の祖先とも言われています。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。