おかえりモネ

「おかえりモネ」盆舟奉納(ぼんぶねほうのう)とは?東北伝統の送り盆・盆船流し

「おかえりモネ」盆舟奉納(ぼんぶねほうのう)とは?東北伝統の送り盆・盆船流し

2021年5月17日スタートの第104作となるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」

ヒロイン・永浦百音(ながうらももね)を演じるのは「清原果耶(きよはらかや)」さんです。

「おかえりモネ」は宮城・登米で育ったヒロインが、気象予報士を目指して上京し、やがて故郷の島(亀島)へ戻り地域に貢献する姿を描くオリジナルストーリーです。

 

高校卒業後に宮城県気仙沼市にある離島・亀島を離れ、宮城県登米の米麻町森林組合で働くヒロインの百音。「おかえりモネ」の第3週からは、下宿先の新田サヤカに促されてお盆は実家に帰ることになります。

ちなみにモネの地元・亀島はドラマ内の架空の島です。

「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※
「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※NHK朝ドラ「おかえりモネ」ヒロイン・永浦百音が生まれ育った宮城県気仙沼市の離島・亀島(かめしま)は実在しない架空の島です。亀島のモデルは宮城県の気仙沼大島です。...

 

「おかえりモネ」【第4週】では、百音が帰ったお盆の最終日に、永浦家は家族で「盆舟奉納」を行います。「盆舟奉納」とはいったい何なのか?解説します。

 

東北地方で行われる「盆船流し」「盆船奉納」「盆舟送り」

お盆には地域によって様々な行事があります。全国的に良く知られているのはナスやきゅうりに割り箸が刺さった飾り物「精霊馬(しょうりょううま)」でしょうか。

「精霊馬」はお盆の時期に先祖を迎えて、送り出す乗り物のことです。

「精霊馬」と同様に「おかえりモネ」の舞台となっている東北地方などでは、お盆に先祖を送り出すために藁で作った船を、海や川に流す「盆船流し(ぼんぶねながし)」「盆船奉納(ぼんぶねほうのう)」という行事があります。

 

お盆に先祖の霊を送る船「盆船」(精霊船)を寺に奉納すること。船にはお盆で供えた供物などを載せる。盆船は奉納の他に川などに流す場合もある。

出典:Weblio辞書

 

最近は川や海に流さず「盆船」はお寺に奉納したり、野焼きにされることが多いようです。

また、東北地方の各地で行われることが多いようですが、茨城県や福井県など全国でも「盆船」の行事があるようです。

 

ドラマ内では祖母・永浦雅代の初盆

「おかえりモネ」のドラマ内で描かる「盆舟奉納」のシーンは、祖母・永浦雅代が亡くなってからの初盆になります。

ちなみに祖母・永浦雅代演じるのは「竹下景子」さんです。祖母は牡蠣に生まれ変わって、「おかえりモネ」の語り・ナレーションを担当しています。

「おかえりモネ」語り・ナレーションは「竹下景子」ヒロインの祖母・永浦雅代
「おかえりモネ」語り・ナレーションは「竹下景子」ヒロインの祖母・永浦雅代NHKの朝ドラ「おかえりモネ」。ドラマ内での語り、ナレーションを担当するのは「竹下景子(たけしたけいこ)」さんです。亡くなった祖母・永浦雅代を演じていて、ドラマ内では牡蠣に転生しています。...

 

まとめ

「盆舟奉納」は主に東北地方で行われる送り盆(先祖を送り出す行事)の一つです。ヒロイン百音の実家は宮城県気仙沼市の離島なので「盆舟奉納」がシーンがありました。

また、モネの地元・気仙沼市亀島に住む、永浦家を演じる俳優は以下でまとめています。

「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】
「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音の実家、気仙沼亀島に住む永浦家を演じる俳優・役者を一覧にしました。父親は内野聖陽、母親は鈴木京香、妹は蒔田彩珠、祖父は藤竜也、祖母は竹下景子さんが演じています。...
NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る