おかえりモネ

「おかえりモネ」タイトルの意味・由来は?百音が実家・亀島を離れた理由、葛藤

「おかえりモネ」タイトルの意味・由来は?百音が実家・亀島を離れた理由、葛藤

2021年5月17日スタートの第104作となるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」

ヒロイン・永浦百音(ながうらももね)を演じるのは「清原果耶(きよはらかや)」さんです。

「おかえりモネ」は宮城・登米で育ったヒロインが、気象予報士を目指して上京し、やがて故郷の島(亀島)へ戻り地域に貢献する姿を描くオリジナルストーリーです。

前作の朝ドラ「おちょやん」は、“おちょぼさん”がなまった大阪ことばでした。おかえりモネには「モネ」というヒロインの愛称が付いています。

朝ドラ第104作となる「おかえりモネ」のタイトルには、どんな意味、由来があるのでしょうか?考察していました。

 

「おかえりモネ」のモネはヒロイン・永浦百音(ながうらももね)の愛称・あだ名

まず簡単にわかるのがモネです。「おかえりモネ」のヒロインは清原果耶さんが演じる永浦百音(ながうらももね)の愛称・あだ名です。

朝ドラには元ネタとなる実在の人物がいることが多いですが、永浦百音の元ネタについては以下の記事をチェックしてください。

「おかえりモネ」の元ネタは?ヒロイン・永浦百音の実在モデルは誰?
「おかえりモネ」の元ネタは?ヒロイン・永浦百音の実在モデルは誰?NHK朝ドラ「おかえりモネ」には元ネタや実在モデルがいるのでしょうか?「おかえりモネ」は脚本家「安達奈緒子(あだちなおこ)」さんによるオリジナルストーリーです。そのため元ネタなし、実在モデルもいません。...

 

NHK朝ドラ「おかえりモネ」のタイトルに込められた意味

「おかえりモネ」は1995年生まれのヒロイン・永浦百音の物語です。

モネは東日本大震災が起こった2011年3月11日は、宮城県の実家・離島の亀島に、ある理由で島を離れていました。

震災時に「何も出来なかった」と感じたモネは内陸の町・登米(とめ)へと移り住みます。そして登米で青春を過ごす中で、気象予報士に憧れ、資格を取るために上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、故郷に戻って人々に貢献するストーリーです。

 

ムック本「おかえりモネPart1 NHKドラマ・ガイド」の、おかえりモネの脚本家「安達奈緒子」さんのインタビュー記事に、以下の記述があります。

ヒロインの百音は、3月11日に気仙沼にいませんでした。そのために、「妹や幼なじみたちと二度と同じ思いを共有できない」という寂しさと隔絶を感じてしまう。そして、何もできなかった、何かを取り戻したい、という思いから、人の役に立てることを模索します。

出典:おかえりモネPart1 NHKドラマ・ガイド P82

 

実家を離れたヒロイン・永浦百音が、故郷の亀島に戻ってくるので「おかえり」というタイトルが付いていると考察できます。

ちなみにドラマに出てくる離島の亀島は、存在しない架空の島です。モデルの島は「気仙沼大島」です。実際に「気仙沼大島」では大震災により島が孤立するなどしています。

「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※
「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※NHK朝ドラ「おかえりモネ」ヒロイン・永浦百音が生まれ育った宮城県気仙沼市の離島・亀島(かめしま)は実在しない架空の島です。亀島のモデルは宮城県の気仙沼大島です。...

 

ヒロイン・永浦百音が東日本大震災時に亀島を離れていたある理由は、ムック本「おかえりモネPart1 NHKドラマ・ガイド」のあらすじに記載があります。

 

百音が高校卒業後に地元・亀島を離れた理由【葛藤・トラウマ】

※ネタバレ注意※以下、あらすじを知りたくない方は見ないでください

 

2011年3月11日。仙台へ合格発表を見にいった帰り、百音は耕治にジャズクラブに連れて行ってもらった。午後二時から始まったプロの演奏に、百音がくぎづけになっていたそのときー。

出典:おかえりモネPart1 NHKドラマ・ガイド P94


 

百音と父親・耕治は高校の合格発表を見に行くために、実家の離島・亀島を離れていました。

亀島のモデルとなっている「気仙沼大島」は震災後、フェリーなど本土との交通手段がなく孤立しており、米海軍の「トモダチ作戦」により物資の支援を受けています。

 

ドラマの中でも仙台に行っていた百音は、しばらくの間、孤立した離島の実家に帰れませんでした。

百音は東日本大震災の時に、地元・亀島で何も出来なかった葛藤・トラウマがあるようです。そして、震災をキッカケに大好きだった音楽もやめてしまいます。

「何もできなかった」葛藤から高校卒業後に亀島を離れ、気象予報士の夢を見つけ地元に帰ってきて貢献する百音を描くストーリーなので「おかえりモネ」というタイトルが付いているのではないでしょうか。

※あくまで推測なのでご了承ください。

 

まとめ

「おかえりモネ」のモネはヒロイン・永浦百音(ながうらももね)の愛称です。

また「おかえり」というタイトルが付いているのは、東日本大震災の葛藤から実家・亀島を離れ、そして気象予報士として故郷の島へ戻り、地域に貢献する姿を描くストーリーだからと推測されます。

 

地元・亀島の永浦家を演じる役者は以下にまとめています。

「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】
「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音の実家、気仙沼亀島に住む永浦家を演じる俳優・役者を一覧にしました。父親は内野聖陽、母親は鈴木京香、妹は蒔田彩珠、祖父は藤竜也、祖母は竹下景子さんが演じています。...

 

亀島で育った百音の幼馴染を演じる役者は、以下をチェックしてください。

「おかえりモネ」吹奏楽部の百音の幼馴染・同級生を演じる役者【まとめ】
「おかえりモネ」吹奏楽部の百音の幼馴染・同級生を演じる役者【まとめ】NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音が育った離島・亀島の幼馴染・同級生として出演する役者を【まとめ】ました。中学生時代は、同じ吹奏楽部で活動しています。...
NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る