おちょやん

「おちょやん」主題歌、秦基博が歌う「泣き笑いのエピソード」はどんな曲?意味は?

「おちょやん」主題歌、秦基博が歌う「泣き笑いのエピソード」はどんな曲?意味は?

2020年11月30日スタートのNHK連続テレビ小説「おちょやん」

ヒロイン・竹井千代を「杉咲花」さんが演じています。

松竹新喜劇をおこした浪花千栄子(なにわ ちえこ)さんをモデルに、戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた少女・竹井千代をが女優を目指す物語です。

 

朝ドラ「おちょやん」の主題歌・オープニングテーマ曲は、秦基博(はたもとひろ)さんが歌う「泣き笑いのエピソード」です。

秦基博さんが脚本を読み、千代の物語合わせて描き下ろした曲です。

 

「泣き笑いのエピソード」の制作秘話、タイトルの意味・込められた思いについて解説していきます。

 

「泣き笑いのエピソード」はどんな曲?

タク
タク
優しいメロディーに秦基博さんの歌声がのった、朝ドラにふさわしいオープニングテーマです。

「泣き笑いのエピソード」の制作秘話

秦基博さんは「泣き笑いのエピソード」について、以下のコメントをしています。

脚本を読ませていただいた中で、主人公・千代の、どんな苦境の中にあってもめげないその心、そして、自分の身にふりかかる不幸や悲しみを糧にして、それらを「笑顔」に変えていく力強さ、明るさ。
その部分に一番感銘を受けて、「泣き笑いのエピソード」という曲を書きました。

出典:NHK公式HP

 

秦基博さんの歌声に、管楽器やコーラス、ローズピアノなどの奏でるサウンドが彩を加えています。

 

タイトル「泣き笑いのエピソード」に込められた思いとは?

「秦基博」さんの書き下ろしの「泣き笑いのエピソード」のタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか。

「おちょやん」のプロデューサー・制作統括を担当する櫻井壮一さんのインタビューに以下のような記事があります。

「おちょやん」は、ヒロインが下積み時代を経てついに成功する話、というわけではないし、あきらめずに頑張ればきっと夢がかなう、みたいな話とは違うような気がいしています。というよりも、このドラマには、今つらい状況にあっても、その時その時を一生懸命やっていれば、いつかその人にふさわしい居場所が見つかる、そんな願いが込められているいように思います。

出典:NHKドラマ・ガイド「おちょやん Part1」P106

 


 

「おちょやん」のヒロイン・竹井千代は幼い頃に母を亡くし、9歳の時に奉公に出されます。そして芝居の世界に出会い、女優の道を生き抜く女性の物語です。

 

プロデューサーのインタビュー記事にあるように

今つらい状況にあっても、その時その時を一生懸命やっていれば、いつかその人にふさわしい居場所が見つかる

そんな思いが、秦基博さんが歌う「泣き笑いのエピソード」のタイトルに込められているようにも思えます。

 

秦基博さんが歌う「泣き笑いのエピソード」視聴者の反応は?

NHKの朝ドラ第103作「おちょやん」は2020年11月30日スタートです。

「泣き笑いのエピソード」が、2020年11月30日(月)【第1話】に初めて流れた時の、視聴者の反応は以下のとおりです。

 

 

 

 

 

秦基博さんの「泣き笑いのエピソード」が毎朝聞けるのが嬉しい!という反応が多かったです。

「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る