どうする家康

「どうする家康」里見浩太朗は何役?大樹寺住職「登譽上人」を演じる

「どうする家康」里見浩太朗は何役?大樹寺住職「登譽上人」を演じる

2023年スタートの第62作となるNHK大河ドラマ「どうする家康」

「どうする家康」の主人公・徳川家康を演じるのは「松本潤」さんです。そして、古沢良太さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(徳川家康)は、駿河の大国・今川家の人質として暮らしていた。

1560年(永禄3年)今川義元は、織田領である尾張へ進撃するが、桶狭間で義元が討たれた知らせが届けられる。元康(家康)は織田軍に包囲される中、駿河に戻るか?故郷の三河へ進むか?それとも籠城か?家康の決断を描いていく大河ドラマ。

 

松平家の菩提寺・大樹寺住職「登譽上人」を演じるのは、「里見浩太朗(さとみこうたろう)」さんです。

 

家康の自害を止めた「登誉上人」はどんな人?「厭離穢土 欣求浄土」を説く

徳川家康の先祖、松平家の菩提寺・大樹寺住職が「登譽上人(とうよしょうにん)」です。「登誉天室(とうよてんしつ)」とも呼ばます。

愛知県岡崎市にある「大樹寺」13代目住職。「桶狭間の戦い」の後、松平家の墓がある大樹寺で自害しようとした徳川家康を諫めて止めたとされる。

 

家康に浄土宗の「厭離穢土 欣求浄土 おんりえど ごんぐじょうど」(汚れた世を浄土にすることを目指せの意味)の教え説いたとされます。この言葉は後に、徳川軍の馬印に用いられます。

「どうする家康」では、「桶狭間の戦い」で窮地に陥った徳川家康(松本潤)を、大樹寺(だいじゅじ)で助ける僧侶・登譽上人を「里見浩太朗」さんが演じます。

大樹寺で学んでいた榊原康政が家康と出会い、家康に才能を見出されて小姓として取り立てられます。

※ドラマ内では榊原康政が家康に、「厭離穢土 欣求浄土」の本当の意味を伝えます。

榊原康政を演じるのは「杉野遥亮」さんです。

「どうする家康」榊原康政は「杉野遥亮」が演じる、小姓から徳川四天王
「どうする家康」榊原康政は「杉野遥亮」が演じる、小姓から徳川四天王NHK大河ドラマ「どうする家康」徳川家康(松本潤)に仕える武将・榊原康政(さかきばらやすまさ)を演じるのは「杉野遥亮(すぎのようすけ)」さんです。榊原康政の史実、演じる杉野遥亮さんのプロフィールを紹介します。...

 

里見浩太朗(さとみこうたろう)プロフィール

大樹寺住職を演じるのは「里見浩太朗(さとみこうたろう)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1936年11月28日
出身 静岡県富士宮市
趣味 ゴルフ、水墨画

1956年「東映第三期ニューフェイス」として芸能界入り。1957年、映画「天狗街道」でデビュー。2002年から「水戸黄門」五代目・水戸光圀役を9年に渡って演じる。現在も第一線で活躍する「ミスター時代劇」。

NHK大河ドラマには「炎立つ」「利家とまつ」「龍馬伝」以来、「どうする家康」が13年ぶりの出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「どうする家康」松平家の菩提寺・大樹寺住職「登譽上人」を演じるのは、「里見浩太朗」さんです。

他にも「どうする家康」のキャスト・登場武将・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

大河ドラマ「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧
大河ドラマ「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演しているキャスト・役者/子役/登場武将・家臣団、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「どうする家康」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。