ちむどんどん

ちむどんどん琉装(りゅうそう)とは?沖縄伝統衣装、暢子と和彦の結婚式衣装

ちむどんどん琉装(りゅうそう)とは?沖縄伝統衣装、暢子と和彦の結婚式衣装

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

第16週(2022/07/25~)、ヒロイン暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)は、沖縄の懐かしい場所で出会い、結婚を決めます。

母・優子(仲間由紀恵)から、沖縄の伝統衣装の「琉装(りゅうそう)」の結婚式を見たいとお願いされます。

沖縄の伝統衣装「琉装」について紹介します。

 

母・優子から「琉装」の結婚式をお願いされる

第76話(2022/07/25)、暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)は結婚を決め、山原の実家に報告に行きます。

良子(川口春奈)、歌子(上白石萌歌)、母・優子(仲間由紀恵)から祝福される2人でしたが、母・優子からは自分が出来なかった「琉装(りゅうそう)」の結婚式を見たいとお願いされます。

 

「琉装(りゅうそう)」は琉球王朝時代の正装

「琉装(りゅうそう)」とは、琉球王朝時代の正装です。本土には「着物」がありますが、沖縄県には今でも伝統的な衣装として「琉装」があります。

 

「琉装」の特徴としては

  • 袖の部分が広く開いている広袖
  • 袖口から裏地が見えて良いように色にも配慮されている
  • 紅型(びんがた)という沖縄の伝統的な染色技法で、ハッキリとした柄で色鮮やか
  • 着物と違い、太帯で固定しない

・・・などがあるようです。

現在でも「琉装」を着て、伝統的な儀式で行う「琉装結婚式」もあります。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」母・優子が暢子と和彦の結婚の際にお願いしたのが、「琉装」での結婚式です。

本土には「着物」がありますが、沖縄県には今でも伝統的な衣装として「琉装」があります。

他にも沖縄文化・用語については、以下でまとめています。

「ちむどんどん」沖縄方言/ことば/文化/用語解説まとめ【ちむどん辞典】
「ちむどんどん」沖縄方言/ことば/文化/用語解説まとめ【ちむどん辞典】NHK朝ドラ「ちむどんどん」登場する沖縄方言(沖縄ことば)、また沖縄文化や聞き慣れない用語を解説、【ちむどん辞典】としてまとめました。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。