ちむどんどん

「ちむどんどん」片桐はいりは何役?山原高校・モーレツ音楽教師/下地響子を演じる

「ちむどんどん」片桐はいりは何役?山原高校・モーレツ音楽教師/下地響子を演じる

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

ヒロイン・比嘉暢子の山原高校の音楽教師・下地響子を演じるのは「片桐はいり(かたぎりはいり)」さんです。

暢子の妹・歌子(上白石萌歌)の音楽の才能をいち早く見抜く、モーレツ音楽教師です。

 

歌子の才能を見抜く音楽教師/下地響子(しもじきょうこ)の役どころ

片桐はいりさんが演じる、山原高校の音楽教師「下地響子(しもじきょうこ)」の役どころは以下の通りです。

暢子たちの高校の音楽教師。音楽を熱烈に愛している。歌子の歌の才能をいち早く見抜き、シャイな歌子に半ば強引に指導を試みる。

出典:NHKドラマガイド「ちむどんどん Part1」P38

 

暢子の妹・歌子の音楽の才能をいち早く見出す・音楽教師が下地響子です。

初登場時は、音楽室でこっそりピアノを弾こうとしていた歌子に「音楽は魂の叫び!」と、モーレツ詰め寄る場面もありました。

歌子はシャイなため、なかなか人前で歌うことはありませんが、熱烈教師のアプローチにより、強引な音楽指導を受けることに・・・

 

片桐はいり(かたぎりはいり)プロフィール

 

音楽教師・下地響子を演じるのは「片桐はいり(かたぎりはいり)」さんです。スターダストプロモーションに所属する個性派女優で、プロフィールは以下の通りです。

生年月日1963年1月18日
出身千葉県

大学在学中に「ブリキの自発団」に入団。主な出演作に映画「かもめ食堂」「キネマの神様」、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」などに出演。女優だけではなく「わたしのマトカ」「グアテマラの弟」などの書籍を執筆。

NHK朝ドラは「あまちゃん」「とと姉ちゃん」に続く、「ちむどんどん」が3回目の出演になります。

片桐はいりさんといえば、私は1997年の「笑っていいとも遅刻事件」を思い出してしまいます。(年齢がバレますね)

片桐はいりさんが「笑っていいとも」のテレフォンショッキングにゲスト出演時、大遅刻をして、生放送中に電話をしながらスタジオに到着するという、印象的な回でした。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・比嘉暢子の山原高校の音楽教師・下地響子を演じるのは「片桐はいり」さんです。

下地響子は歌子の音楽の才能をいち早く見抜き、熱烈指導する音楽を愛する教師です。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。