ちむどんどん

「ちむどんどん」ダチョウ倶楽部リーダー肥後は何役?工事現場の親方でゲスト出演

「ちむどんどん」ダチョウ倶楽部リーダー肥後は何役?工事現場の親方でゲスト出演

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

父・比嘉賢三(大森南朋)を亡くした比嘉家では、家庭を支えるため、母・優子(仲間由紀恵)が工事現場で働きます。

工事現場の親方として登場したのは、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広(ひごかつひろ)」さんです。

 

工事現場の親方の役どころ

家庭を支えるため母・優子は、工事現場のまかない料理を作る仕事をしていました。ところが、運動会までに暢子の兄・賢秀の靴と、姉・良子の体操着を買うため、げが人の代わりに肉体労働の仕事をすることに。

お笑い芸人・ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広さんが演じるのは、工事現場の親方です。工事現場を取り仕切り、日雇いのお金を労働者に渡す役です。

肥後リーダーが親方として出演したのは、「ちむどんどん」第6話(2022/04/18)からです。

親方は母・優子に厳しく当たる場面もありましたが、運動会前日には日雇いのお金を多めに渡すといった優しい一面もあります。

 

ダチョウ倶楽部「肥後克広」プロフィール【沖縄出身】

工事現場の親方を演じたのは、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部のリーダー「肥後克広(ひごかつひろ)」さんです。

肥後克広さんは沖縄出身で、太田プロダクションに所属する芸人です。沖縄出身のため、「ちむどんどん」にゲスト出演したのかもしれません。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日1963年3月15日
出身沖縄県
特技ローラーブレード
趣味絵をかくこと・プロレス観戦・スキューバダイビング

1985年結成のお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のリーダー。相方は、上島竜兵、寺門ジモン。森本レオなど、ものまねのレパートリーも多い。

 

NHK朝ドラは、同じく沖縄が舞台の「ちゅらさん(2001年)」に続いて、「ちむどんどん」が、21年ぶり2回目の出演です。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」家庭を支えるため、母・優子(仲間由紀恵)が工事現場で働きます。その工事現場の親方を演じるのは、ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広さんです。

他にも、「ちむどんどん」出演のお笑い芸人、落語家などは、以下でまとめています。

ちむどんどん出演のお笑い芸人/落語家/吉本コンビ【まとめ】
ちむどんどん出演のお笑い芸人/落語家/吉本コンビ【まとめ】NHK朝ドラ「ちむどんどん」にはお笑い芸人・落語家・吉本コンビなどが、役者として出演しています。「ちむどんどん」出演のお笑い芸人を【まとめ】ました。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。