なつぞら

NHK朝ドラ「なつぞら」のタイトルの意味は?プロデューサーの発言あり!

NHK朝ドラ「なつぞら」のタイトルの意味は?

2019年4月スタートのNHKの朝の連続テレビ小説「なつぞら」

ヒロインの奥原なつは「広瀬すず」さん演じ、朝ドラとしてシリーズ100作目の記念作品です。

気になるのが「なつぞら」のタイトルはどのように決められたのか?そして・・・

 

「なつぞら」のタイトルに込められた意味は何なのでしょうか?

 

漢字で「夏空」ではなく

ひらがなの「なつぞら」

 

そしてヒロインの名前は「奥原なつ」ですから、このへんの部分も何かしら意味がかかっていと思われます。

 

タイトル「なつぞら」には、一体どんな意味が込められているのでしょうか?

 

「なつぞら」は北海道の雄大な自然の大切な”夏”という意味

答えはドラマプロデューサーのインタビュー記事にありました。

雑誌「週刊女性2019年4月9日号」に、ドラマ「なつぞら」の特集記事があり、以下の記述があります。

 

タイトルに込められた意味は?

「脚本家の大森(寿美男)さんと初めて帯広空港に降り立ったとき、目の前にどこまでも広がる青い空が印象的でした。また、北海道の人にとって”夏”というのは、とても重要な季節。特に農家さんは、夏の天気次第で、その1年の収穫が左右されるほど。長く、厳しい冬が明けた先に待つ短く、大切な夏という季節を、ぜひ今作のタイトルにと考え『なつぞら』という名前にしました」(磯智明)

出典:週刊女性2019年4月9日号 P11【デジタルコンテンツ特別編集版】

 

「なつぞら」の物語の始まりは、戦災孤児となったヒロインの奥原なつが、柴田剛男に引き取られ、北海道・十勝にやって来ます。「なつ」を受け入れた柴田家は酪農一家です。

 

酪農一家にとって北海道の大切な”夏”

そして人生の大切な”夏”も短く一瞬です。

 

雑誌に書かれている意味以外にも・・・

 

ヒロイン”奥原なつ”の人生の大切な”夏”

 

といった意味が込められているのではないでしょうか?

「なつぞら」を楽しむ!ドラマを見る前に知っておきたい事前情報【まとめ】
「なつぞら」を楽しむ!ドラマを見る前に知っておきたい事前情報【まとめ】「なつぞら」を楽しむために知っておきたい事前情報を【まとめ】ました。キャスト、あらすじ、主題歌、見どころなど、ドラマを見る前に知っていた方が楽しめる情報です。...
「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る