その他のNHK番組

「花子とアン」元ネタ・原作、実在モデルは誰?翻訳者・村岡花子(むらおかはなこ)

「花子とアン」元ネタ・原作、実在モデルは誰?翻訳者・村岡花子(むらおかはなこ)

NHK連続テレビ小説「花子とアン」は2014年3月31日にスタートして9月27日まで全156回放送されたドラマです。

朝ドラ90作目となる「花子とアン」のヒロイン・村岡花子役は吉高由里子(よしたかゆりこ)さんが演じています。

朝ドラ「花子とアン」は英米児童文学「赤毛のアン」の日本語翻訳者である村岡花子さんの半生をモデル・原作としたフィクションです。


 

ヒロインの実在モデルは村岡花子(むらおかはなこ)

村岡花子(むらおかはなこ)さんは児童文学の翻訳家として知られ、「赤毛のアン」を執筆したモンゴメリの作品の多くを手掛けています。また、ご自身でもオリジナルの児童文学を創作しています。

「花子とアン」のヒロインの実在モデルは「村岡花子」さんで、ドラマ内でもそのまま役名になっています。原作がある朝ドラの中でも、そのまま役名になるのは珍しい方だと思います。

「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる、波乱万丈の半生記です。
山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へ進んだヒロイン・花子は、震災や戦争を乗りこえ、子どもたちに夢と希望を送り届けます。

出典:NHK公式HP

 

「花子とアン」は山梨の貧しい家に生まれたヒロイン・花子が、東京の女学校で英語を学び翻訳家の道へ進み、関東大震災や戦争を乗り越え、子どもたちに翻訳で夢と希望を送り届けた波乱万丈の半生記です。

 

元ネタ・原案は孫・村岡恵理「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」

2014年に放送された朝ドラ90作目「花子とアン」は、村岡花子さんの孫・村岡恵理さんが2008年に出版した「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」です。


本の内容は以下の通りです。

戦争へと向かう不穏な時勢に、翻訳家・村岡花子は、カナダ人宣教師から友情の証として一冊の本を贈られる。後年『赤毛のアン』のタイトルで世代を超えて愛されることになる名作と花子の運命的な出会いであった。多くの人に明日への希望がわく物語を届けたい―。その想いを胸に、空襲のときは風呂敷に原書と原稿を包んで逃げた。情熱に満ちた生涯を孫娘が描く、心温まる評伝。

 

「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を元ネタ・原作として、朝ドラの脚本家・中園ミホ(なかぞのみほ)さんが脚色したフィクションです。

 

まとめ

朝ドラ「花子とアン」の実在モデルは、「赤毛のアン」を翻訳した日本語翻訳者の村岡花子さんです。

原作は村岡花子さんの孫・村岡恵理さんが2008年に出版した「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」です。


NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る