おちょやん

NHK朝ドラ「おちょやん」の語り・黒衣(くろご)は落語家「桂吉弥」

NHK朝ドラ「おちょやん」の語り・黒衣(くろご)は落語家「桂吉弥」

2020年11月30日スタートのNHK連続テレビ小説「おちょやん」

「おちょやん」の語り、黒衣(くろご)、ナレーションを担当するのは噺家「桂吉弥(かつらきちや)」さんです。

 

噺家・落語家の「桂吉弥」は、「おちょやん」の朝ドラに、どんな彩りを添えてくれるでしょうか?

 

「桂吉弥(かつらきちや)」プロフィール

落語家「桂吉弥(かつらきちや)」さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日1971年2月25日
血液型O型
出身地大阪府茨木市

 

1971年生まれ、大阪府出身。94年、故・桂吉朝に入門し、同年「吉朝学習塾」において初舞台。落語以外の主な出演作に、舞台「はい!丸尾不動産です。~本日、家に化けて出ます~」など。NHKでは、連続テレビ小説「ちりとてちん」、大河ドラマ「新選組!」、「夫婦善哉」「ちかえもん」など。

出典:NHKドラマ・ガイド「おちょやん Part1」P58

 


落語家として活躍されている「桂吉弥」さんですが、俳優としても朝ドラには「ちりとてちん」に続き2作目の出演です。

 

語り・黒衣(くろご)・ナレーションとしての「桂吉弥」の役どころ

「桂吉弥(かつらきちや)」さんが演じる、語り・黒衣の役どころは以下の通りです。

くろご(かたり)

黒衣とは、観客から見えないという約束事の下に舞台上に現れ、芝居の手助けをする人のこと。この物語の解説役で、登場人物にも遠慮なくツッコミを入れてくる。神出鬼没で、千代をいつも温かく見守っている。

出典:NHKドラマ・ガイド「おちょやん Part1」P58

 


 

「桂吉弥」さんの語り、視聴者の反応は?

NHKの朝ドラ第103作「おちょやん」は2020年11月30日スタートです。

「桂吉弥」さん演じる、語り・黒衣(くろご)は、2020年11月30日(月)【第1話】では舞台上で本当に黒衣として登場していました。

初登場の視聴者の反応は以下のとおりです。

 

 

 

 

 

「桂吉弥」さんの語りは黒衣らしく、出すぎず聞きやすいナレーションで、聞きやすいとの反応も多かったです!

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。