スカーレット・トリビア

※ソースあり※「スカーレット」のタイトルの意味は?付いた理由、由来は何?

「スカーレット」のタイトルの意味は?川原喜美子の人生・情熱、陶芸の色

2019年9月30日スタートのNHK連続テレビ小説「スカーレット」

これまでNHK朝ドラにはカタカナが付いたタイトルは、第63作「オードリー」、第91作「マッサン」などありますが、それぞれ登場人物の愛称がタイトルに付いていました。

101作目にも「スカーレット」というカタカナのタイトルが付きました。

 

果たして「スカーレット」のタイトルにはどんな意味、由来があるのでしょうか?

 

NHKのプロデューサー「内田ゆき」さんのインタビュー記事に、なぜ「スカーレット」というタイトルを付けたのか?具体的な理由がありました。

 

NHK朝ドラ「スカーレット」のタイトルに込められた意味

「スカーレット」を辞書で調べると、以下の意味がありました。

スカーレット【scarlet】緋色。深紅色。

出典:goo辞書

 

スカーレットは英語で意味を表す緋色です。緋色とは、じゃっかん黄色みのある鮮やかな赤で、平安時代から用いられた伝統色です。

 

NHKのHPには、「スカーレット」のタイトルの意味は以下のように書かれています。

緋色(ひいろ)のこと。伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤。
緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつである。
主人公の生業(なりわい)である陶芸では、窯をたく炎が勝負。熱く燃えるような、情熱的な人生につながる。

出典:NHKスカーレット公式HP

 

NHK朝ドラ「スカーレット」のタイトルに込められた意味

 

戸田恵梨香さん演じるヒロインの”川原喜美子”は焼き物の里・信楽(しがらき)の女性陶芸家。

「スカーレット」は戦後間もない、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分け的存在として成長していく物語です。

「スカーレット」のタイトルの意味は陶芸作品に表れる理想の色、そして喜美子のモノ作りの情熱の意味が込められているのでしょう。

 

NHKプロデューサー「内田ゆき」さんのインタビュー記事に明確な理由

「スカーレット」のプロデューサー「内田ゆき」さんのインタビューに以下の記事がありました。

燃える炎、ヒロインのひたむきさと情熱、それらを表現できる言葉を探していた時に出会ったのが炎を色を指す「スカーレット」。
炎には緋色という意味もあるのですが、緋色というのは黄色がかかった鮮やかな赤で、陶芸作品に表れる理想の色のひとつといわれています。
タイトルにはもうコレしかないという運命的な出会いでした。

出典:女性セブン 2019年10月24日号 P12

 

プロデューサー「内田ゆき」さんのインタビューからも、主人公・川原喜美子の情熱の色と、陶芸の時に表れる理想の色という2つの意味が込められています。

 

「カーネーション」繋がり?スカーレット・オハラからも?

こちらは明確なソースがありませんが、スカーレットとタイトルが付けられたのは、NHKの朝ドラ第85作「カーネーション」とも関連があるとも言われています。

 

「カーネション」で尾野真千子さんが演じるヒロインの名前は「小原糸子(おはらいとこ)」です。

小原糸子の名前は『風と共に去りぬ』の主人公「スカーレット・オハラ」にちなんで名付けられたと噂されています。

 

くしくも「カーネーション」と「スカーレット」のプロデューサーは同じ「内田ゆき」さんです。

激動の半生を生きぬいた「スカーレット・オハラ」と”川原喜美子”の人生にも重なる部分が多くあるようにも感じられます。

 

101作目の朝ドラに「スカーレット」というタイトル付いたのは、「カーネーション」の「小原糸子」、そして「スカーレット・オハラ」から取られた

・・・というのも1つの理由にあげられるかもしれません。

「スカーレット」の見逃し配信を見る方法は?

NHKの朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信を見るなら「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホでも見ることができます。詳しくは以下をチェック!

「スカーレット」を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です