まんぷく PR

「まんぷく」年表・あらすじ、時代別の出来事まとめ

「まんぷく」年表・あらすじ、時代別の出来事まとめ

NHK連続テレビ小説「まんぷく」は、2018年10月1日にスタートして2019年3月30日まで全151回放送された朝ドラです。

朝ドラ99作目となる「まんぷく」のヒロイン・今井福子役は「安藤サクラ」さんが演じています。「まんぷく」の脚本を手掛けたのは「福田靖」さんです。

「まんぷく」はよく知られている通り、インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福と安藤仁子の夫婦をモデルにした物語です。

「まんぷく」の年表と、ドラマ内で展開される大きな出来事を【まとめ】ました。

 

「まんぷく」大まかな出来事【あらすじ】

「まんぷく」大まかな出来事【あらすじ】

ドラマ「まんぷく」のヒロインは今井福子を安藤サクラさん、そして夫・立花萬平を長谷川博己さんが演じます。

「まんぷく」のあらすじは以下の通りです。

ヒロイン・福子(安藤サクラ)は、発明家・萬平(長谷川博己)と恋に落ち、やがて結婚。萬平が挑む事業はトラブル続きだったが、何度も失敗してはどん底から立ち上がる。「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の物語を描く。

 

物語の大筋は、萬平さんが次々に開発していく発明品を、福ちゃんが支えていきます。

萬平さんの思いとして、戦後の焼け野原で食べる物に困り、栄養失調で倒れている人々を見るなど、世の中に人に役立つ開発をしたいという信念があります。

 

ドラマ「まんぷく」の大まかな出来事は、以下の通りです。

  1. 戦前の二人の出会い、結婚
  2. 終戦機の混乱を乗り越えて、塩作りに精を出す
  3. 栄養食品「ダネイホン」を売り出す
  4. インスタントラーメン「まんぷくラーメン」発売
  5. カップラーメン「まんぷくヌードル」の開発

 

「まんぷくヌードル」の開発がドラマのクライマックスとなります。

萬平さんを支える福ちゃん、そして福ちゃんを取り巻く家族の結末は!?

 

「まんぷく」年表

福ちゃんと萬平さんを中心にした年表は、以下の通りです。

 

1938年(昭和13年)福ちゃんと萬平さんの出会い

大阪で1番大きい「大阪東洋ホテル」の新人電話交換手だった今井福子(安藤サクラ)

福ちゃんは、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機のうわさを耳にして、幻灯機を開発している工房を訪れ立花萬平(長谷川博己)と出会う。

 

1942年(昭和17年)萬平さん、戦時中に辛酸を嘗める

軍から支給された物資を横流ししたという疑いをかけられた萬平さんは、福ちゃんの目の前で、憲兵隊に連れ去られる。

福ちゃんは決死の覚悟で、大阪の経済界で力を持つ三田村会長に掛け合い、萬平さんが釈放。その後、萬平さんと福ちゃんが結婚。

 

1945年(昭和20年)終戦を迎え、萬平さんは人の役に立つ開発をしたいと思う

大阪に住む福ちゃんと萬平さん。空襲の危険性が高まり、兵庫の上郡に疎開。ところが萬平さんに2度目の赤紙が来てしまう。

しかし、萬平さんが腹膜炎を発症し、入隊検査は不合格に。兵庫の上郡にで終戦を迎える。

終戦の混乱期、萬平さんは食糧難の家族や子どもたちを見て、人の役に立つ開発をしたいと思う。

 

1947年(昭和22年)「塩作り」から栄養食品「ダネイホン作り」

福ちゃんが息子の源を出産。萬平さんが栄養食品「ダネイホン」を開発。

ところが従業員の「塩軍団」手榴弾を使ったことが原因で、進駐軍に逮捕される。
釈放後、「ダネイホン」を販売。

萬平印の「ダネイホン」の看板にはモデルがある?・・・については、以下でまとめています。

「まんぷく」ダネイホンの意味とモデル、萬平印の看板の衣装モデルは?
「まんぷく」ダネイホンの意味とモデル、萬平印の看板の衣装モデルは?朝ドラ「まんぷく」萬平さんが開発した栄養食品「ダネイホン」では、自分が広告塔になり看板になります。この看板の萬平さんの衣装は、大阪のシンボル、くいだおれ人形「くいだおれ太郎」がモデルです。...

 

1948年(昭和23年)萬平さん、ふたたび逮捕され会社は解散

ふたたび萬平さんに不運がふりかかる。従業員を学校に行かせるため払っていた奨学金が脱税だと判断され、進駐軍に逮捕、有罪に。

「ダネイホン」の製造法を他社に売却して、会社は解散。その後、萬平さんは釈放される。

そして新しく作る信用組合の理事長になってほしいという依頼が舞い込み、萬平さんが「池田信用組合」の理事長就任!

 

1957年(昭和32年)インスタントラーメン作りを開始!

萬平さんが理事長を務めていた「池田信用組合」が破綻の危機に。萬平さんは責任を取り、理事長を辞任、福ちゃん一家は貧困生活に陥る。

萬平さんは初心に戻り開発の道に。そこでお湯を注ぐだけですぐに食べられる「インスタントラーメン」の開発に取り掛かる。

 

1958年(昭和33年)「まんぷくラーメン」が完成!

ついに初のインスタントラーメン「まんぷくラーメン」が発売!福ちゃん一家も、どん底の生活から再び這い上がる。

 

1970年(昭和45年)世界初のカップラーメン作りを開始!

「まんぷく食品」も大きくなり、萬平さんの息子・源も入社。本当にお湯をそそぐだけで食べられる、容器も一緒になったカップラーメン「まんぷくヌードル」の開発に着手。

 

まとめ

朝ドラ「まんぷく」の年表を【まとめ】ました。大まかな出来事は、以下の通りです。

  1. 戦前の二人の出会い、結婚
  2. 終戦機の混乱を乗り越えて、塩作りに精を出す
  3. 栄養食品「ダネイホン」を売り出す
  4. インスタントラーメン「まんぷくラーメン」発売
  5. カップラーメン「まんぷくヌードル」の開発

 

「まんぷくヌードル」の開発がドラマのクライマックスとなります。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「ブギウギ」から過去作「らんまん」「舞いあがれ!」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2023/10/14時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。