ちむどんどん

「ちむどんどん」監督/演出家は誰?チーフ演出は木村隆文、ディレクター3名

「ちむどんどん」監督/演出家は誰?チーフ演出は木村隆文、ディレクター3名

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

NHK朝ドラ「ちむどんどん」の監督は誰でしょうか?朝ドラには監督という名前ではクレジットされず、3人のディレクター(演出家)がいます。

その中でも「ちむどんどん」のチーフ演出は「木村隆文(きむらたかふみ)」さんが担当しています。

 

チーフ演出は木村隆文(きむらたかふみ)

NHK朝ドラでは、映画やドラマの撮影などで「監督」と呼ばれる方はいないようです。(過去の朝ドラについては不明です)

ただし、チーフ演出は「木村隆文(きむらたかふみ)」さんです。他にも木村隆文さんを含めて3名の演出家がクレジットされています。

チーフ演出の「木村隆文」さんは「ちむどんどん」が朝ドラ10作目、チーフ演出を担当するのは5作目になります。第100作「なつぞら」でもチーフ演出を務めています。

 

「ちむどんどん」の第1週の最後、第5話はタイトルバック(主題歌OP)が流れずにドラマが始まりました。(※第2週の10話も同じ)

ドラマが終わる残りわずかのところで父・賢三が倒れ、子どもたちが家へ走って戻るシーンで主題歌(三浦大知「燦燦」)が流れ始めます。

この演出は最終回などでよく使われますが、「なつぞら」では、ヒロインなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)が結婚式を上げた途中の回でも使われました。

もしかしたら、木村隆文さんの演出では、よく使われる手法なのかもしれません。

 

演出としてクレジットされているのは3名

「ちむどんどん」に【演出】として掲載されているのは、チーフ演出の木村隆文さんを含めて以下の3名です。

  • 木村隆文
  • 松園武大
  • 中野亮平

 

まとめ

朝ドラ「ちむどんどん」には監督という名前ではクレジットされず、3名のディレクター(演出家)がいます。

その中でも、チーフ演出としてクレジットされているのは「木村隆文」さんです。

 

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。