カムカムエヴリバディ

「カムカムエヴリバディ」女優/美咲すみれを演じる安達祐実【ひなたの憧れ】

「カムカムエヴリバディ」女優/美咲すみれを演じる安達祐実【ひなたの憧れ】

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

それぞれの時代に合わせて、朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。3人のヒロインは以下の通りです。

  • 祖母・橘安子(たちばなやすこ)⇒上白石萌音
  • 母・雉真るい(きじまるい)⇒深津絵里
  • 娘・ひなた⇒川栄李奈

 

カムカムエヴリバディは、「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子、るい、ひなたと三世代の女性たちが紡いでいく100年に渡るファミリーストーリーです。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

3代目ヒロイン・ひなたを演じるのは「川栄李奈」さんです。ひなたの舞台は京都でテーマは「時代劇」です。

ひなたの【京都編】に登場する女優/美咲すみれを演じるのは「安達祐実」さんです。

 

ひなた憧れの女優・美咲すみれ(みさきすみれ)

3代目ヒロイン・ひなたの京都編に登場する、ひなたの憧れの女優が美咲すみれ(みさきすみれ)です。

役どころは以下の通りです。

かつて、桃山剣之介のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは、機嫌が悪い…。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい。

出典:NHK公式HP

 

まだまだ、ひなたの物語の全貌は分かっていませんが、舞台は京都でテーマは「時代劇」です。かつて人気だった時代劇女優として美咲すみれは登場して、ひなたと絡むのかもしれません。

朝ドラのチーフプロデューサー堀之内さんによると・・・

「ひなたといけずな感じになったり、時には味方になったり、すごくヒロインに影響を与える重要な役」・・・とのことです。

 

また、桃山剣之介(モモケン)を演じるのは、「尾上菊之助」さんです。

「カムカムエヴリバディ」桃山剣之介(モモケン)を演じる尾上菊之助、架空の人物?
「カムカムエヴリバディ」桃山剣之介(モモケン)を演じる尾上菊之助、架空の人物?NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する日本映画界を率いる銀幕の大スター・モモケンこと桃山剣之介(もものけんのすけ)を演じるのは歌舞伎役者・尾上菊之助(おのえきくのすけ)さんです。ドラマ内の架空の映画スターで、3代のヒロインが登場する100年のファミリーヒストリーを繋ぐ登場キャラです。...

 

安達祐実(あだちゆみ)プロフィール、朝ドラは25年ぶり

ひなたの京都編に登場する女優/美咲すみれを演じるのは「安達祐実(あだちゆみ)」さんです。

子役から活躍していた、安達祐実さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日1981年9月14日
出身東京都
血液型A型

1994年日本テレビドラマ「家なき子」、1995年「家なき子2」に主演し、劇中のセリフが流行語となった。1997年テレビ朝日「ガラスの仮面」主演、2005年フジテレビ 「積木くずし真相 ~あの家族、その後の悲劇~」主演、2010年東海テレビ「娼婦と淑女」主演など、多くの作品に出演。映画では1994年「家なき子」、2014年「花宵道中」で主演、2017年映画「TOKYOデシベル」でフミ役を演じる。2020年にはドラマ「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京ほか)、2021年にはドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)に出演。他にもファッションブランド・プロデュース、舞台、ラジオ、CDリリースと活動は多岐に渡る。

出典:ザテレビジョン公式HP

 

NHK朝ドラは1991年「君の名は」、1996年「ひまわり」に続く、25年ぶり3回目の登場となります。

 

まとめ

3代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の京都編に登場する、時代劇を支えた大部屋俳優、斬られ役・伴 虚無蔵を演じるのは「松重豊」さんです。

NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る