カムカムエヴリバディ

「カムカムエヴリバディ」おぐら荘大家/小椋くまを演じる「若井みどり」吉本新喜劇女優

「カムカムエヴリバディ」おぐら荘大家/小椋くまを演じる「若井みどり」吉本新喜劇女優

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

それぞれの時代に合わせて、朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。3人のヒロインは以下の通りです。

  • 祖母・橘安子(たちばなやすこ)⇒上白石萌音
  • 母・雉真るい(きじまるい)⇒深津絵里
  • 娘・ひなた⇒川栄李奈

 

カムカムエヴリバディは、「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子、るい、ひなたと三世代の女性たちが紡いでいく100年に渡るファミリーストーリーです。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)の実家・御菓子司「たちばな」は、戦争により砂糖が配給制になり、手に入りづらくなりました。

そのため、安子の父・橘金太(甲本雅裕)は、安子に砂糖会社の息子との見合い話を持ちかけます。

ショックを受けた安子は初恋の人で、大阪にいる雉真稔(松村北斗)に会いにいきます。

稔が下宿している「おぐら荘」に行くと大家に出会います。おぐら荘の大家「小椋くま(おぐらくま)」を演じるのは吉本新喜劇女優の「若井みどり」さんです。

さらに戦後、安子が”るい”を連れて大阪に住んだ時に「小椋くま」は再登場しています。

 

若井みどりさんは、女流漫才コンビ「若井小づえ・みどり」として活躍、現在は吉本新喜劇の女優を中心に活動しています。

 

雉真稔の下宿先おぐら荘大家「小椋くま(おぐらくま)」の役どころ

 

雉真稔が大阪で下宿している「おぐら荘」の大家「小椋くま」を演じるのは「若井みどり(わかいみどり)」さんです。小椋くまの役どころは、以下の通りです。

 

大阪の大学に通う雉真 稔の下宿先「おぐら荘」の大家。おせっかいな性格で、稔と安子の関係性を見守っている。のちの安子の人生を強く後押しすることに…。

出典:NHKカムカムエヴリバディ公式HP

 

初代ヒロイン・安子に影響を与える重要な役柄

安子と初めて出会ったのは第8話、安子が大阪の下宿先へ稔に会いに行った時です。

その時は挨拶程度の会話ですが、NHKの公式HPに書かれているように「安子の人生を強く後押しする」重要なキャラクターと紹介されています。

 

※以下よりネタバレになります※

第22話(2021/11/30)に「若井みどり」さん演じる、おぐら荘の大家「小椋くま」が再登場しています。

戦後、安子は雉真家を離れ”るい”を連れて大阪に行きます。大阪で住むのが稔が学生時代にお世話になった「おぐら荘」です。そこで「小椋くま」と再会することになります。

 

また、安子は戦後、娘・雉真るい(深津絵里)を日本に置いてアメリカに渡ることになります。

「安子の人生を強く後押しする」重要なキャラクターということで、安子がアメリカへ渡米するキッカケになる人物かもしれません。(※あくまで推測なのでご了承ください)

 

他にも米国進駐軍・ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)との出会いも安子に大きな転機を与える人物とされています。

「カムカムエヴリバディ」進駐軍将校を演じる村雨辰剛/庭師・筋肉体操でお馴染み
「カムカムエヴリバディ」進駐軍将校を演じる村雨辰剛/庭師・筋肉体操でお馴染みNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)の岡山編に登場する、アメリカ進駐軍の将校ロバート・ローズウッドを演じるのは「村雨辰剛(むらさめたつまさ)」さんです。役どころやスウェーデン出身の庭師・筋肉体操でお馴染みの「村雨辰剛」さんのプロフィールを紹介します。...

 

初代から、3代目ヒロインまでのキャラクター、テーマに関しては以下でまとめています。

カムカムエヴリバディ3人のヒロイン・安子/るい/ひなたを演じるのは誰?テーマ紹介
カムカムエヴリバディ3人のヒロイン・安子/るい/ひなたを演じるのは誰?テーマ紹介NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は3人のヒロイン・安子/るい/ひなたが登場します。それぞれのヒロインを演じるのは上白石萌音(橘安子)、深津絵里(雉真るい)、川栄李奈(ひなた)です。3人の物語のテーマなども紹介します。...

 

「若井みどり」プロフィール、若小づえ・みどりの漫才コンビ

「おぐら荘」の大家「小椋くま」を演じる「若井みどり」さんは、吉本興業に所属しています。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日1946年7月29日
出身地大阪府大阪市
趣味エステ/腹筋

1965年若井はんじ・けんじ入門。若井小づえ・みどりの漫才コンビとして1986年花王名人大賞で新人賞、1988年上方漫才大賞で大賞など多数受賞。2011年なんばグランド花月「笑う主婦には福来たる!」奥さま限定2500円キャンペーンPRで登場。2015年吉本新喜劇特別公演「大坂の陣新喜劇 番外編?女たちの戦国時代?」に出演。2016年東京・池袋サンシャイン劇場「東京グランド花月」に参加など舞台を中心に活動。吉本新喜劇座員。趣味はエステ、腹筋。

出典:ザテレビジョン公式HP

 

NHK朝ドラに関しては「まんぷく」に続いて、2回目の出演になります。

 

まとめ

初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)の岡山編に登場するおぐら荘の大家「小椋くま」を演じるのは、吉本新喜劇女優の「若井みどり」さんです。安子に影響を与える重要な役柄になります。

他にも岡山が舞台の初代ヒロインの安子編(上白石萌音)に出演する役者は、以下でまとめています。

「カムカムエヴリバディ」初代ヒロイン・安子編【役者一覧/まとめ】舞台は岡山
「カムカムエヴリバディ」初代ヒロイン・安子編【役者一覧/まとめ】舞台は岡山NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」初代ヒロイン・安子編に登場する役者一覧をまとめました。上白石萌音さんが演じる橘安子の舞台は岡山です。岡山編に登場する橘家、雉真家、水田家、赤螺家などを演じる役者を紹介します。...
NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る