カムカムエヴリバディ

「カムカムエヴリバディ」タイトルの意味/由来は?ラジオ英語講座「カムカム英語」OP曲

「カムカムエヴリバディ」タイトルの意味/由来は?ラジオ英語講座「カムカム英語」OP曲

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子(上白石萌音)、るい(深津絵里)、ひなた(川栄李奈)と三世代の女性たちの100年に渡るファミリーストーリー。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

朝ドラ第105作となる「カムカムエヴリバディ」のタイトルには、どんな意味、由来があるのでしょうか?

 

タイトルはNHKラジオ英語講座「カムカム英語」のオープニング曲※ソースあり※

「カムカムエブリバディ」という少し変わったタイトルの意味についてですが、NHK公式サイトに「タイトルに込めた想い」という以下の文章があります。

かつて終戦直後の日本を席けんした平川唯一(ひらかわ・ただいち)講師のNHKラジオ英語講座・通称「カムカム英語」のオープニング曲のタイトルです。「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーにのって、「カム♪カム♪エヴリバディ♪~」の歌が始まると日本中の子どもからお年寄りまでくぎづけになり、明るい声に励まされました。

出典:NHK公式HP

 

「カムカムエヴリバディ」というタイトルは、NHKラジオ英語講座のオープニングで流れる「カム♪カム♪エヴリバディ♪~」の歌が由来です。

 

「カムカムエヴリバディ」は脚本家「藤本有紀(ふじもとゆき)」さんによるオリジナルストーリーです。そのためヒロイン3人の実在モデルはいないようです。

ただし、ヒロイン3人のストーリーをつなぐ「ラジオ英語講座」には実在モデルがあり、それがNHKラジオ英語講座「英語会話」を担当していた「平川唯一(ひらかわただいち)」さんです。

平川唯一さんは「カムカムおじさん」とも呼ばれ、戦後の日本中に英語ブームを巻き起こしました。平川唯一さんについては以下でまとめています。

カムカムエヴリバディ、元ネタ・原作は?ヒロインの実在モデルは誰?英語講師・平川唯一
カムカムエヴリバディ、元ネタ・原作は?ヒロインの実在モデルは誰?英語講師・平川唯一NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は脚本家「藤本有紀(ふじもとゆき)」さんによるオリジナルストーリーです。そのため原作なし、実在モデルもいません。ただし、ヒロイン3人のストーリーをつなぐ「ラジオ英語講座」にはモデルがあり、NHKラジオ英語講座「英語会話」の人気講師だった「平川唯一」さんです。...

 

まとめ

NHK朝ドラ第105作「カムカムエヴリバディ」のタイトルは、NHKラジオ英語講座のオープニング曲「カム♪カム♪エヴリバディ♪~」の歌が由来となっています。

NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る