おかえりモネ

「おかえりモネ」未知(みーちゃん)の自由研究【牡蠣の地場採苗とは?】

「おかえりモネ」未知(みーちゃん)の自由研究【牡蠣の地場採苗とは?】

2021年5月17日スタートの第104作となるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」

ヒロイン・永浦百音(ながうらももね)を演じるのは「清原果耶(きよはらかや)」さんです。

「おかえりモネ」は宮城・登米で育ったヒロインが、気象予報士を目指して上京し、やがて故郷の島(亀島)へ戻り地域に貢献する姿を描くオリジナルストーリーです。

 

高校卒業後に宮城県気仙沼市にある離島・亀島を離れ、宮城県登米の米麻町森林組合で働くヒロインの百音。「おかえりモネ」第3週からはお盆休みに、地元の気仙沼市亀島に帰ります。

ちなみにモネの地元・亀島はドラマ内の架空の島です。

「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※
「おかえりモネ」亀島は実在する?モデルは宮城県気仙沼大島※ソースあり※NHK朝ドラ「おかえりモネ」ヒロイン・永浦百音が生まれ育った宮城県気仙沼市の離島・亀島(かめしま)は実在しない架空の島です。亀島のモデルは宮城県の気仙沼大島です。...

 

【第4週】からは実家に帰った百音は、妹(みーちゃん)が真剣に研究している牡蠣の種ガキを作るための地場採苗(じばさいびょう)を見て驚きます。

高校生の妹・未知(蒔田彩珠)が自由研究している種ガキの地場採苗とは何なのか、解説します。

 

種ガキの地場採苗(じばさいびょう)とは?高校生の自由研究

カキの養殖には宮城県や広島県などから種ガキを購入して養殖が行われています。種ガキから、出荷できる牡蠣へと育てます。

モネの地元・気仙沼では種ガキが作れないので、石巻から購入しいると祖父・龍己(藤竜也)も話していました。

自然環境の変化や震災などの影響で種ガキの供給には不確定な要素が多いそうです。そのため価格や供給に影響が出て、種ガキが手に入らない可能性があります。

 

モネの地元・気仙沼亀島では、種ガキを購入することでカキの養殖ができています。そのため、カキの生産地ごとに自前で種ガキを確保する“地場採苗”ができれば、養殖生産が安定化します。

 

高校生の妹・永浦未知(蒔田彩珠)は、カキの養殖生産安定のためにカキを赤ちゃんから育てる地場採苗を研究しています。

 

まとめ

未知は種ガキが作れない気仙沼のために、種ガキの地場採苗を真剣に研究しています。

気仙沼の漁業の未来まで考えて研究に打ち込む妹にに触発されて、百音も気象予報士への道を真剣に考えるようになったのではないでしょうか。

 

また、モネの地元・気仙沼市亀島に住む、永浦家を演じる俳優は以下でまとめています。

「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】
「おかえりモネ」気仙沼亀島の実家・永浦家を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音の実家、気仙沼亀島に住む永浦家を演じる俳優・役者を一覧にしました。父親は内野聖陽、母親は鈴木京香、妹は蒔田彩珠、祖父は藤竜也、祖母は竹下景子さんが演じています。...
NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る