エール

「エール」福島ハーモニカ倶楽部の会長を演じるのは「川口覚(かわぐちさとる)」

「エール」ハーモニカ倶楽部の会長を演じるのは「川口覚(かわぐちさとる)」

2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」

主人公の音楽家・古山裕一(窪田正孝)と、夫を支えるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の、二人三脚の物語です。

 

福島の商業学校で、4年生になった裕一はハーモニカ倶楽部に所属しています。

その、福島ハーモニカ倶楽部に所属する会長・舘林信雄(たてばやしのぶお)を演じるのは、「川口覚(かわぐちさとる)」さんです。

 

舘林信雄(たてばやしのぶお)の役どころ

17歳になった裕一は、独学で音楽の勉強を続けています。

ハーモニカ倶楽部に所属する裕一は、プロを目指すと語っていた会長・舘林信雄(たてばやしのぶお)を尊敬していました。

ところが、館林から「実家の料亭を継ぐ」と言われ、裕一はショックを受けるのでした。

 

「川口覚(かわぐちさとる)」プロフィール

「川口覚(かわぐちさとる)」さんは、舞台、映画、テレビで活躍している役者です。

事務所は「レディバード」に所属しています。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1982年1月9日
出身 鳥取県
血液型 AB型

 

2006年、吉田修一作品映画『Water』で主演を務める。09年より蜷川幸雄主宰「さいたまネクスト・シアター」に一期生として参加。12年、第20回読売演劇大賞・同最優秀演出賞を受賞した『蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』にて主役ハムレットを演じ好評を博す。近年の出演作に、映画『あゝ、荒野』(17)『OVER DRIVE』『十年 Ten Years Japan「PLAN75」』(18)『夕陽のあと』(19)、ドラマでは『問題のあるレストラン』(15)大河ドラマ『西郷どん』『ホリデイラブ』(18)、舞台では『少女ミウ』『お勢登場』(17)『神の子どもたちはみな踊る after the quake』(19)など。

出典:ザテレビジョン公式HP

 

ドランクドラゴン塚地武雅さんも演技の振り幅を評価する、役者さんです。

NHKのドラマでは、大河ドラマ『西郷どん』などにも出演しています。

 

「エール」川口覚さん登場時の視聴者の反応は?

NHKの朝ドラ第102作「エール」は2020年3月30日スタート。

川口覚さん演じる、ハーモニカ倶楽部・会長「舘林信雄」は、第3週2020年4月13日から出演していました。

初登場時の視聴者の反応は以下のとおりです。

 

 

 

 

川口覚さんは、NHKの番組「100分 de 名著」の朗読を担当していて「いい声」という反応もありました。

「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る