カムカムエヴリバディ

「カムカムエヴリバディ」橘算太(濱田岳)再登場!ひなた編で謎の振付師/サンタ黒須役

「カムカムエヴリバディ」橘算太(濱田岳)再登場!ひなた編で謎の振付師/サンタ黒須役

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

それぞれの時代に合わせて、朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。3人のヒロインは以下の通りです。

  • 祖母・橘安子(たちばなやすこ)⇒上白石萌音
  • 母・雉真るい(きじまるい)⇒深津絵里
  • 娘・大月ひなた(おおつきひなた)⇒川栄李奈

 

カムカムエヴリバディは、「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子、るい、ひなたと三世代の女性たちが紡いでいく100年に渡るファミリーストーリーです。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

3代目ヒロイン”ひなた”は川栄李奈さんが演じています。小さい頃から父親・大月錠一郎(オダギリジョー)の影響で「時代劇」好きです。

“ひなた”は条映太秦映画村で働くことになり、そこでCM撮影時に出会うのが、濱田岳さん演じる「謎の振付師」です。

※ひなたに「サンタ黒須」と名乗っていますが、ほぼ橘算太と間違いないと思います。

 

謎の振付師・サンタ黒須(濱田岳)が【ひなた編】で再出演

NHKの番組表に以下の記述があります。

2022年2月24日放送 カムカムエヴリバディ【第81話】

モモケン(尾上菊之助)と虚無蔵(松重豊)の因縁についての噂話を聞いたひなた(川栄李奈)は、CM撮影の時に会った謎の振付師(濱田岳)に真相を聞こうとするのですが、映画「妖術七変化!隠れ里の決闘」のリバイバル上映のチケットをもらってはぐらかされます。そのチケットを欲しがる五十嵐(本郷奏多)の熱意に押されたひなたは、二人で一緒に映画を見に行くことなり…

出典:NHK番組表

 

謎の振付師役として「濱田岳」さんのクレジットがあります。濱田岳さんが演じる橘算太は、もともと実家の御菓子司「たちばな」の家業を継がずに、ダンサー修業に行っています。

役柄的にも振付師なので、謎の振付師が「橘算太」だと思われます。

 

橘算太は失恋から30年以上も失踪

復員兵として兄・橘算太は、【岡山】の初代ヒロイン安子(上白石萌音)の元に戻ってきます。

安子と実家「たちばな」を復活させようと、信用金庫へお金を借りに行った途中で、安子の大事な貯金通帳と印鑑を持って失踪してしまいます。

安子は大阪へ兄探しに奔走、疲労で倒れます。安子を看病するロバート(進駐軍将兵)と2人でいるところを”るい”に見られ、るいに嫌われた安子はロバートとアメリカに渡米することに。

算太の失踪の原因は、橘算太が好意を抱いていた雉真家・女中の雪衣(岡田結実)が、雉真勇(村上虹郎)が恋仲になっていたのを目撃したことです。

算太の失踪したのは1951年頃、ひなた(川栄李奈)の【京都編】に再登場するのは第17週「1983-1984」です。

ドラマ内では30年以上の時を経て、ふたたび算太が登場します。

 

まとめ

3代目ヒロイン・大月ひなた(川栄李奈)が働き始めた「条映太秦映画村」のCM撮影で出会う、濱田岳さん演じる”謎の振付師”は安子の兄「橘算太」と推測されます。

失踪したのは1951年頃なので、30年の時を経て再登場になります。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。