カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ豆腐店婿養子/水田力を演じる小林よしひさ/体操よしお兄さん

カムカムエヴリバディ豆腐店婿養子/水田力を演じる小林よしひさ/体操よしお兄さん

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

それぞれの時代に合わせて、朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。3人のヒロインは以下の通りです。

  • 祖母・橘安子(たちばなやすこ)⇒上白石萌音
  • 母・雉真るい(きじまるい)⇒深津絵里
  • 娘・ひなた⇒川栄李奈

 

カムカムエヴリバディは、「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子、るい、ひなたと三世代の女性たちが紡いでいく100年に渡るファミリーストーリーです。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

初代ヒロイン・安子(上白石萌音)の岡山編に登場する、「水田屋とうふ」の幼なじみ・水田きぬ(小野花梨)の婿養子・水田力を演じるのは「小林よしひさ」さんです。

『おかあさんといっしょ』11代目体操の「よしお兄さん」でも有名です。

 

豆腐店「水田屋とうふ」の婿養子・水田力(みずたちから)の役どころ

水田きぬ(小野花梨)が戦争で疎開していた先の農家の三男坊が「小林よしひさ」さん演じる「水田力(みずたちから)」です。

きぬちゃん曰く

「結婚する気はなかったけど、岡山まで着いてきた。両親が栄養失調で弱っている中、今は力さんの陽気な性格に助けられている」

とのことでした。

 

おかあさんといっしょ/元体操のお兄さん「よしおにいさん」プロフィール

豆腐店「水田屋とうふ」の婿養子・水田力を演じのは「小林よしひさ」さんです。

「小林よしひさ」さんはNHK教育テレビ(Eテレ)で放送されている「おかあさんといっしょ」の”11代目たいそうのおにいさん”として有名です。番組では「よしおにいさん」の愛称で呼ばれていました。

2005年4月4日から2019年3月30日まで「おかあさんといっしょ」の”たいそうのおにいさん”を担当しています。在任期間は14年は、歴代たいそうのおにいさんで最長です。

「おかあさんといっしょ」では「ブンバ・ボーン!」での”よしおにいさん”の体操が印象的でした。

 

2019年3月30日に番組卒業後は浅井企画に所属してタレント、体操インストラクター、として活動しています。

生年月日1981年6月29日
出身地埼玉県
特技剣道三段、バック転指導(だいたいの成人男性なら補助付きで1日で教えられる)
趣味肉料理(ローストビーフ、ステーキなど)、筋トレ、アクロバット(バック転、バック宙、倒立など)、ワンピースを読む(マンガ全般)、モンハン(ゲーム)、読書

2005年より「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)の11代目体操のお兄さんを担当。2019年3月をもって卒業。浅井企画所属のタレントとして活動。

出典:ザテレビジョン公式HP

 

まとめ

初代ヒロイン・安子の岡山編に登場する、「水田屋とうふ」の幼なじみ・水田きぬの婿養子・水田力を演じるのは「小林よしひさ」さんです

他にも岡山が舞台の初代ヒロインの安子編(上白石萌音)に出演する役者は、以下でまとめています。

カムカムエヴリバディ初代ヒロイン・安子編【役者一覧/まとめ】岡山が舞台
カムカムエヴリバディ初代ヒロイン・安子編【役者一覧/まとめ】岡山が舞台NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」初代ヒロイン・安子編に登場する役者一覧をまとめました。上白石萌音さんが演じる橘安子の舞台は岡山です。岡山編に登場する橘家、雉真家、水田家、赤螺家などを演じる役者・女優・子役を紹介します。...
NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る