なつぞら【ネタバレ】

なつぞら124話【21週】富士子、剛男、おんじ・泰樹が上京【あらすじ】

なつぞら【第21週】なつよ、新しい命を迎えよ【ネタバレ・あらすじ・感想】

なつぞら124話【第21週】「なつよ、新しい命を迎えよ」、2019年8月22日(木)放送分のあらすじは以下の通りです。

 

なつ(広瀬すず)がお腹の痛みを訴えた時、玄関の呼び鈴が鳴る。慌てて坂場(中川大志)が戸を開けると、富士子(松嶋菜々子)の姿が。さらに、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)までもが十勝からはるばる駆けつけてきたのだった。いったん痛みが治まったなつは、久々に富士子らとともに食卓を囲み、和やかな時間を過ごす。そんな時、富士子から夕見子(福地桃子)について思わぬ知らせを受け…。

出典:Yahoo!テレビ

 

 

(以下、私の感想とネタバレになります)

2019年8月22日(木)放送【第21週】なつよ、新しい命を迎えよ【ネタバレ・感想】

昭和42年(1967年)年の秋

 

東京・西荻窪で坂場と新婚生活を開始していた”なつ”の・・・

 

 

妊娠が発覚!

 

 

坂場や「東洋動画」の仲間に助けられ”なつ”はアニメーターとして仕事を続けること、そして出産と子育ての両立を模索していくのでした。

 

 

昭和43年(1968年)年の春

 

子供を保育園にどうやって預けて働くか、答えが出ないまま臨月を迎える”なつ”

 

陣痛と思われる痛みもやってきて、朝を迎えると玄関の呼び鈴が突然鳴り・・・

母・富士子が訪ねてくるのでした

 

 

”なつ”の出産の不安を和らげる富士子(松嶋菜々子)の登場!

 

 

さらに、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)も一緒にやって来るのでした

 

「お腹が張っているだけ」

 

と、お腹の痛みは陣痛なく、富士子に背中を擦られ安心する”なつ”

 

 

一旦、お腹の痛みが和らいだ”なつ”

おんじ・泰樹は、牧場で作りたての「牛乳豆腐」を”なつ”に渡すのでした。

 

飛行機に乗るのが怖かったおんじ・泰樹、列車の長旅でやって来たのでした。

 

 

その後、富士子と一緒にご飯の準備をする坂場。坂場は富士子のレシピノートを見て、柴田家の”おふくろの味を学ぶのでした。

 

 

一緒にご飯を食べる食卓で

富士子から夕見子(福地桃子)の妊娠の知らせを受け・・・

 

喜ぶ”なつ”!

 

 

ところが、帯広の菓子店「雪月」では

 

生まれた子供は「雪月」の跡取りじゃない!

 

と言う夕見子と

”とよばあちゃん”&”母・妙子”の姑問題が発生していたのでした・・・

 

 

さらに柴田家の”なつ”の兄・照男の嫁・砂良の妊娠も発覚していて・・・

 

 

柴田家ではベビーブームが到来していたのでした。

 

 

その夜、富士子と一緒の部屋で寝る”なつ”

 

昨日とはまったく違う痛みが来て・・・ついに”なつ”が出産!?

 

 

次の回、なつぞら第125話の【ネタバレ、あらすじ、感想】はこちらから!

なつぞら【第21週】なつよ、新しい命を迎えよ【ネタバレ・あらすじ・感想】
なつぞら125話【21週】なつの赤ちゃんの名前は優(ゆう)【あらすじ】なつぞら125話【第21週】「なつよ、新しい命を迎えよ」、2019年8月23日(金)放送分のあらすじは以下の通りです。 なつ(...
「スカーレット」の見逃し配信を見る方法は?

NHKの朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信を見るなら「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホでも見ることができます。詳しくは以下をチェック!

「スカーレット」を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です